【最新刊】スマホ社会が生み出す有害電磁波デジタル毒 医者が教える健康リスクと超回復法

スマホ社会が生み出す有害電磁波デジタル毒 医者が教える健康リスクと超回復法

内山葉子

1,540円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    世界的に健康被害が広がっている有害電磁波「デジタル毒」。欧米では脳腫瘍や白血病を始めとしたがん関連、不整脈、記憶障害、発達障害などとの関連も指摘されています。しかし日本では規制基準値の緩さから その健康への悪影響はほとんど報道されていません。今、診察の現場では薬や食生活の改善では解決しない 原因不明の症状が増えているのです。具体的には「不整脈」「頭痛」「めまい」「肩こり」「慢性疲労」 「睡眠障害」「記憶障害」「発達障害」「認知症」その他の体調不良が報告されています。これらの症状はすべて「デジタル毒(有害電磁波)」が原因である可能性があるのです。海外の統計を見ると、2000年代後半以降スマホが本格的に普及し始めてから、市街での電磁波の量が安全とされている0.6V/mを超え、許容量の数倍の数値となっています。本書では医者である著者が医療の現場で指導している 具体的な「デジタル毒」対策についてわかりやすく説明しています。いまや、私たちはスマホを始めとした高度なデジタル製品と 共存していかなくてはならない世界に住んでいます。そのような社会で、家庭でできる対策法をを実践し、少しでもその悪影響を減らすために非常に役に立つ1冊です。

    続きを読む
    提供開始日
    2021/02/04
    出版社
    ユサブル
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    レビューコメント(3件)
    • スマホ社会が生み...
      2021/05/05

      スマホ・5Gにおける有害電磁波のリスクについて語られた一冊(著者は医師の内山葉子さん)。電磁波については、世界的には規制している国は多いのだが、日本では規制という規制は行われていないのが現状。携帯電話...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • スマホ社会が生み...
      2021/01/30
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    • スマホ社会が生み...
      2021/04/10

      スマホをはじめとするデジタル機器が人体に与える影響を具体例とともに解説する本。

      日本では経済を優先するせいかあまり議論になっていないが、欧州では30年以上前から電磁波の研究がなされ、電磁波によって白...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード