【最新刊】起業の天才!―江副浩正 8兆円企業リクルートをつくった男

起業の天才!―江副浩正 8兆円企業リクルートをつくった男

著:大西康之

2,200円(税込)
1%獲得

22pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【ジェフ・ベゾスは、このヤバい日本人の「部下」だった】かつて日本には、「起業の天才」がいた。リクルート創業者、江副浩正。インターネット時代を予見、日本型経営を叩き潰し、自分では気が付いていない才能を目覚めさせた社員のモチベーションを武器に彼がつくろうとしたのは、「グーグルのような会社」だった。だが彼の名は「起業の天才」ではなく、戦後最大の企業犯罪「リクルート事件の主犯」として人々に記憶される。「ベンチャー不毛の地」となった日本に必要な「起業家の資質」とは何か。リクルート事件の大打撃を乗り越え1兆8000億円の負債を自力で完済、株式時価総額で国内10位にまで成長した「奇跡の会社」はどのようにつくられたのか。苦境に立ち逆風に向かうすべての日本人に贈る、歴史から葬られた「起業の天才」の真の姿。【日本にも、こんな経営者がいた!】・グーグルの「検索」を先取り・独自の「クラウド・コンピューティング」・読売新聞と「全面戦争」・電通から広告を奪う・日・米・欧を結ぶコンピューター・ネットワーク・世界の「コンピューターの天才」をかき集める【「はじめに」より抜粋】 江副さんが生きていたら、保身に汲々とする日本の経営者にこう尋ねることでしょう。「経営者とはどういうものか、経営者ならなにをすべきか。わたしはつねに学び、考え、そのとおりにやってきました。あなたがた、自分が経営者であると考えたことがおありですか」――瀧本哲史(京都大学客員准教授、エンジェル投資家、2019年没)

    続きを読む
    提供開始日
    2021/01/29

    レビュー

    レビューコメント(28件)
    • 起業の天才!―江...
      2021/04/10

      【はじめに】
      1988年に、リクルートコスモス社の未公開株の譲渡が賄賂とみなされたリクルート事件で
      本書は、リクルート創業から、バブルにも乗って会社を大きくし、そしてリクルート事件で追い込まれ、晩年の...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 起業の天才!―江...
      2021/04/20

      個人的な関心もあってすごく読んでみたかった作品。自分は1990年から社会人を始めたのだけど江副さんが逮捕されたのが1989年。ちょうど自分が就職活動をしていたタイミングがリクルートという会社が世間から...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 起業の天才!―江...
      2021/04/18

      リクルート創業者の江副氏の伝記。
      自分も(直系ではないが)亜流?のリクルート系に所属した身として、
      江副さんの話は色々聞いたことがあったけれど、
      体系的に江副さんの話を聞いたことはなかったし、
      リクル...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード