【最新刊】学問の自由が危ない

学問の自由が危ない

著:佐藤学 著:上野千鶴子 著:内田樹 著:長谷部恭男 著:杉田敦 著:高山佳奈子 著:木村草太 著:後藤弘子 著:池内了 著:三島憲一 著:永田和宏 著:鷲谷いづみ 著:津田大介

1,870円(税込)
1%獲得

18pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    これはもはや、学問の自由のみならず、民主主義の危機!菅義偉首相による日本学術会議会員への被推薦者6名の任命拒否は、学問の自由と独立性を侵害する重大な危機につながる行為。日本学術会議はじめさまざまな学協会から強い抗議の意が表明される一方、政権は様々な論点ずらしをもってこの問題を矮小化し、議論は長期化の様相を呈している。この問題の背景に何があるか、学術会議はなぜ必要か、さらに学問の自由とはなにか、それがなぜ重要であるかについて、市民の理解を求め、世論を喚起するべく編まれた緊急出版。佐藤学・上野千鶴子・内田樹の3名が編者となり、多彩な執筆陣が繰り広げる、学問の自由と民主主義をめぐる白熱の論考集。任命拒否を受けた6名のメッセージも収録。「いったい何が壊されたのか。人々が震撼した危機は何なのか。そして、この事件は何の始まりなのか。本書は、この衝撃的な出来事を多角的に照らし出し、その深層を解明する趣旨で編集された」──佐藤学「これは日本の民主制を深く傷つけ、国際社会における日本の学術の信頼性と威信を著しく損なう行為です」──内田樹「菅政権に学者を屈服させることはできない。この戦端を開いたことを、政権は後悔することになるだろう」──上野千鶴子【目次】はじめに 佐藤学1 学術総動員体制への布石 上野千鶴子2 日本学術会議における「学問の自由」とその危機 佐藤学3 政府が学問の世界に介入してきた 長谷部恭男+杉田敦4 任命拒否の違法性・違憲性と日本学術会議の立場 高山佳奈子5 学問の自律と憲法 木村草太6 日本学術会議とジェンダー平等 後藤弘子7 日本学術会議と軍事研究 池内了8 酔生夢死の国で 内田樹9 学術会議だけの問題ではない三つの側面 三島憲一10 「学問の自由」どころか「学問」そのものの否定だ 永田和宏11 文化的適応としての科学と日本学術会議 鷲谷いづみ12 1000を超える学協会の抗議声明から読み取れること 津田大介■資料編任命拒否を受けた6人のメッセージ(芦名定道、宇野重規、岡田正則、小澤隆一、加藤陽子、松宮孝明)公表された声明文から(法政大学総長、日本ペンクラブ、現代歌人協会・日本歌人クラブ、映画人有志)日本学術会議による「要望書」日本学術会議法声明を公表した学協会一覧日本学術会議問題 日録あとがき 上野千鶴子・内田樹

    続きを読む
    提供開始日
    2021/01/28
    出版社
    晶文社
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    レビューコメント(4件)
    • 学問の自由が危ない
      2021/02/17

      学問の自由は私たちの生活とも関係している。学問をすることが自由なのもあるが、学問はそれ自体国の権力から自由で独立したものでなくては、また再び、戦争に使われる可能性がある。過去の過ちを繰り返さないという...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 学問の自由が危ない
      2021/02/28

      どの論考にも強い危機感が示されている。なかでも内田樹氏の論考はもっとも説得的だった。私が近年感じている「政権はまじめにやっていない」という印象はなぜ引き起こされるのか、これを読んで得心した。異議申し立...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 学問の自由が危ない
      2021/03/16

      法的に見て明らかに違法な任免拒否。
      国会での議論を行わず、解釈だけでも運用を変更してしまう内閣に底知れない怖さを感じる。
      また、これを見過ごして、何も考えずに自民党に投票してしまう国民が情けない。
      ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード