母影

尾崎世界観

1,430円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    小学校でも友だちをつくれず、居場所のない少女は、母親の勤めるマッサージ店の片隅で息を潜めている。お客さんの「こわれたところを直している」お母さんは、日に日に苦しそうになっていく。カーテンの向こうの母親が見えない。少女は願う。「もうこれ以上お母さんの変がどこにも行かないように」。

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(17件)
    • 2020/12/19Posted by ブクログ

      芥川賞候補おめでとうございます。

      主人公の「私」目線でお話がすすむので物語への没入感が凄かったです。「私」の思ってることが読み手の自分の視点と全く違ってびっくりしたり、それとは別に視点が全く同じで自...

      続きを読む
    • 2021/02/19Posted by ブクログ

      一つ一つの表現がキャッチフレーズのように鮮烈なので、凄く引き込まれた。主人公が子どもの小説が好きで良く読むけれど、初めて読む感じの子どもで、自分の幼少期とあまり重ならなかった。というか出てくる全ての人...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2021/02/21Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード