【最新刊】フランス革命についての省察

フランス革命についての省察

エドマンド・バーク/二木麻里(訳)

1,463円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    革命の進行するさなかに書かれ、理性を絶対視した革命政府の過激な改革を宗教、財政、軍事面にいたるまで痛烈に批判。その後の恐怖政治とナポレオンの登場までも予見した。ホッブズ、ロックに連なるイギリスの政治思想における重要書目であり、のちに保守主義の源泉と呼ばれるようになった歴史的名著。

    続きを読む
    提供開始日
    2021/01/29
    連載誌/レーベル
    光文社古典新訳文庫
    出版社
    光文社
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    レビューコメント(1件)
    • フランス革命につ...
      2020/08/10

       保守思想の古典との評価の高い本書について、バークの思想といった形では良く取り沙汰されているので、何となく知識はあるといった状況ではあったが、漸く完読することができた。

       まずもって、本書がフランス...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード