【最新刊】アクティベイター

アクティベイター

冲方 丁

2,090円(税込)
1%獲得

20pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    羽田空港に突如、中国のステルス爆撃機が飛来した。女性パイロットは告げる。「積んでいるのは核兵器だ」と。核テロなのか、あるいは宣戦布告なのか。警察庁の鶴来(つるぎ)は爆撃機のパイロットを事情聴取しようとするが、護送中に何者かに拉致されてしまう。囚われた彼女を助けたのは鶴来の義兄で警備員の真丈(しんじょう)だった。核起爆の鍵を握る彼女の身柄をめぐり、中国の工作員、ロシアの暗殺者、アメリカの情報将校、韓国の追跡手が暗闘する。爆発すれば人類史上最大の犠牲者が――その恐怖の中、真丈と鶴来が東京中を奔走する。『天地明察』、『十二人の死にたい子どもたち』、「マルドゥック」シリーズ等数々のヒット作を生み出した著者が、作家生活25年のすべてを込めた極上の国際テロサスペンス。

    続きを読む
    提供開始日
    2021/01/26
    連載誌/レーベル
    集英社文芸単行本
    出版社
    集英社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(16件)
    • アクティベイター
      2021/02/01

      2021年になって1か月しか経っていないのに、早くも本年度ベスト級の作品に出会ってしまった。稀代のストーリーテラー・冲方さんのデビュー25周年記念作品でもある本書は、まさに記念碑的な傑作だった。時代小...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • アクティベイター
      2021/04/09

      こんな本が読みたかった。冲方氏渾身の真骨頂ともいうべき記念碑的作品。内容もプロットも展開も文句なく、500頁超の大作でありながら余計な部分はなく、切れ味も鋭く、文句の付けようがない国際スパイアクション...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • アクティベイター
      2021/03/28

      羽田空港に突如、中国のステルス爆撃機が飛来した。
      女性パイロットは告げる。「積んでいるのは核兵器だ」と。

      核テロなのか、あるいは宣戦布告なのか。
      警察庁の鶴来(つるぎ)は爆撃機のパイロットを事...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード