【最新刊】墓地展望亭・ハムレット

墓地展望亭・ハムレット

久生十蘭

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    人間心理の深奥に迫る名作「湖畔」「ハムレット」,恐怖と諦観の珠玉掌篇「骨仏」,純愛のモチーフが醇美な香気と洗練をみせる「墓地展望亭」など,彫琢につぐ彫琢により磨きぬかれた〈小説の魔術師〉久生十蘭の比較的長めの短篇あるいは中篇を集める.ほかに「生霊」「雲の小径」「虹の橋」「妖婦アリス芸談」を収録.(解説=川崎賢子)

    続きを読む
    提供開始日
    2021/01/28
    連載誌/レーベル
    岩波文庫
    出版社
    岩波書店
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(4件)
    • 墓地展望亭・ハム...
      2016/02/26

      1930年代から最晩年までの作品から選び出された8編。
      改稿を繰り返し、彫琢を重ねたという名品揃い。
      物語が面白いだけでなく、文章そのものが美しくて、
      鳥肌や眩暈を催した。
      故・中井英夫が終生、師と仰...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 墓地展望亭・ハム...
      2016/09/17

      日影丈吉とともに引っかかった作家。
      凄い好き。
      冒頭から、どんなふうに展開して落ちが付くのだろうと様々な想像を膨らませて読むのだが、そうくるか、と仰天するばかり。
      『墓地展望亭』は、ものすごいファンタ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 墓地展望亭・ハム...
      2018/06/18

      図書館で。
      面白くない訳じゃないんだけれどもなんか尻切れトンボという印象の作品が結構あったかも。もっとこう、盛り上がるオチとかを期待してしまった。

      骨仏
      短編。でもこれが一番作品としての完成度が高...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード