感染症を正しく学べる! はたらく細胞 ウイルス&細菌図鑑

編:講談社 監修:シリウス編集部 はたらく細胞製作委員会

1,265円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ベストセラー『からだのしくみが学べる はたらく細胞 人体のふしぎ図鑑』の続編! ウィルスや細菌が1冊でわかる! 2020年に「全国学校図書館協議会選定図書」に選ばれたほか、今夏は日販主催の「学校がすすめる夏休み子どもの本2020」に選ばれた『からだのしくみを学べる はたらく細胞 人体のふしぎ図鑑』の続編となる、ウイルス&細菌図鑑です。本書は、アニメのイラストを200枚以上使いながら「ウイルス」「細菌」を解説。全編総ルビ入り。小学校中学年以上対象。【目次】 はじめに 感染症のしくみ 保菌と感染の違い 免疫細胞~異物と戦う精鋭集団~ 1章 感染症をもたらす侵入者たち 細菌・真菌・ウィルス・ 飛沫・空気・接触・蚊 防ぐには?~手洗い・うがい・腸内~ 1.ウィルスのからだのしくみ カプシドとコアがある 核がない 新型コロナウイルス ライノウイルス インフルエンザ ムンプウイルス コロナウイルス デングウイルス 2.細菌たちのからだのしくみ 細胞膜がある DNAがある 肺炎球菌 黄色ブドウ球菌 化膿レンサ球菌 アクネ菌 ミュータンス菌 セレウス菌 腸炎ビブリオ カンピロバクター ピロリ菌 ☆善玉菌・悪玉菌・日和見菌 乳酸菌 腸内フローラ 3.そのほかの異物たち アニサキス スギ花粉 がん細胞 2章チーム免疫の戦い方 人体の外と中とは 1.粘膜上の攻防戦 2.自然免疫による防衛戦 3.獲得免疫がついに発動 免疫チームの子どものころ アレルギーと突然変異 さくいん ※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(3件)
    • 2021/01/30Posted by ブクログ

      はたらく細胞の絵を使って説明する、ウイルス&細菌図鑑です。とっつき良いのでやさしく勉強できます。あと、アニメ見てて色んな細胞出てくるけど、こいつらなんだっけ?とかなりがちですが、体を守る仕組みとして各...

      続きを読む
    • 2021/01/30Posted by ブクログ

      ウイルスと細菌の違い、自然免疫と獲得免疫の仕組み等、子どもにきかれてもうまく説明できなかったことが、すっきり分かりやすくまとめられている。
      コロナウイルスでパニックになってる大人も読んだ方がいい。

    • 2021/02/16Posted by ブクログ

      最近になって観るようになった『はたらく細胞』
      キャラとしてのインパクトを文章でも説明したもの
      キャラの関係性から免疫の仕組みなど易しく説明されていて、文系の私でも楽しく理解でしました

    セーフモード