コンジュジ

木崎みつ子

1,540円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    二度も手首を切った父、我が子の誕生日に家を出て行った母。小学生のせれなは、独り、あまりに過酷な現実を生きている。寄る辺ない絶望のなか、忘れもしない1993年9月2日未明、彼女の人生に舞い降りたのは、伝説のロックスター・リアン。その美しい人は、せれなの生きる理由のすべてとなって……。一人の少女による自らの救済を描く、圧巻のデビュー作。第44回すばる文学賞受賞作にして第164回芥川賞候補作。

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(7件)
    • 2021/02/26Posted by ブクログ

      悲しい、ずっと悲しい。
      せれなとリアンの恋も、裏側にあったせれなの現実も、サバイブしたせれなのこれからの人生も、何を思っても苦しい。
      最後に待つ、瞼に浮かぶエンドはこれ以上なく美しい光景なのにどうして...

      続きを読む
    • 2021/02/25Posted by ブクログ

      なんとも奇妙で過酷な話である。The Cupsというイギリスのバンドのメインボーカル・リアンに恋をする少女・せれな。『推し、燃ゆ』的な話なのかと想像し、架空だがリアルなバンドの描写を楽しみながらページ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2021/02/15Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード