六畳間のピアノマン

著者:安藤祐介

748円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ブラック企業の同期三人組。早朝から深夜まで働き会社に泊まり込む毎日。疲弊しきった三人はある日深夜の居酒屋に行く。一杯のビールで人間らしく笑いあった三人だが、極悪上司の壮絶な追い込みにあい――。

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(3件)
    • 2021/02/04

      苦しくて切ない。
      読みながらナミダが・・・
      嫌なこと苦しいことから逃げることは恥ずかしい事じゃない。
      死ぬほど嫌なら今すぐ逃げよう。
      命より大切なものなんてないのだから・・・
      主人公たちの人生が交錯し...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2021/04/18

      自分自身の過去と重なる部分がある作品だった。洗脳、ブラック、罵詈雑言、それでも逃げる事が出来なかった。読みながら様々な記憶がフラッシュバックする。

      過去の自分を振り返ると、決して美しくもなく、平坦で...

      続きを読む
      名称未設定 さんのレビュー
    • 2021/03/03

      短編集かと思いきや、登場人物に繋がりのある形。
      一番初めのパワハラ上司の話がダークで、この先どう読み進めようかと思ったが、色々関わりのある人の話を読み進めていくうちに、あの出来事も無駄じゃなかったとい...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード