【最新刊】陰謀の日本近現代史

陰謀の日本近現代史

保阪 正康

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    必敗の対米開戦を決定づけた「空白の一日」、ルーズベルトが日本に仕掛けた「罠」、大杉栄殺害の真犯人、瀬島龍三が握りつぶした極秘電報の中身──。歴史は陰謀に満ちている。あの戦争を中心に、明治以降の重大事件の裏面と人物の命運を検証し、真実を明らかに。

    続きを読む
    提供開始日
    2021/01/13
    連載誌/レーベル
    朝日新書

    レビュー

    レビューコメント(1件)
    • 陰謀の日本近現代史
      2021/03/23

      闇を照らすというわりには、すでに白日の下にさらされている内容であった。『不毛地帯』の壱岐正こと瀬島龍三や、大杉栄虐殺の首謀者とされながら謎の多い甘粕正彦、彼らに関する秘められた真実が語られると期待した...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード