【最新刊】壁画修復師

壁画修復師

藤田宜永

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    直すのは人の心、自らの過去ーーフランスの田舎町を渡り歩きながら、中世フレスコ画の修復に打ち込む、孤独で風変わりな日本人男性・アベ。名も無き人々が胸に秘めた想いに接し、さながら神父(アベ)のように彼らを受け止めるうちに、アベは町に溶け込んでいく。人生の哀歓と男の手仕事の魅力を絡めて描かれた、著者独自の世界が広がる、5つの連作短編集。

    続きを読む
    提供開始日
    2021/01/15
    連載誌/レーベル
    講談社文庫
    出版社
    講談社/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(8件)
    • 壁画修復師
      2014/04/29

      タイトルに惹かれてブクオフで購入。
      ミステリではないけど、しみじみと味のあるいい小説でした。
      フランス在住の日本人修復師アベと、彼とつかの間の接点を持つ人々のお話。
      アベの落ち着いたキャラクターや、登...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 壁画修復師
      2009/02/22

      連作短編集
      文章がしっかりしていて読みごこちがいい。アラ50向け?
      日本人がフランスでフレスコ壁画の修復師をしている…今風の甘くて軽い設定かと思って読んだが、きちんと必然性のある設定だった。
      男女・親...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 壁画修復師
      2020/03/28

      フレスコ画の修復師が、修復に訪れたフランスの田舎町で出会った人々の、悲喜交々の人生模様を描いた短編集。
      日本人修復師のアベが、さながら家政婦は見た的な役割を果たしている。
      日々の暮らしに抑揚がなさそう...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード