【最新刊】子宮の記憶 ここにあなたがいる

子宮の記憶 ここにあなたがいる

藤田宜永

1,026円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    かつて僕を誘拐した女と過ごす夏。それは、新たな愛と事件の始まりだったーー会いに行こう、かつて僕を誘拐した女に! 生後3日で新生児室から連れ去られた過去を持つ、17歳の島本真人は、実母の愛を充分に受けずに育った。父が経営する歯科医院の機材を壊して、現金を持ち出した真人は、神奈川県の真鶴を目指す。そこには「誘拐犯」黒江愛子が住んでいるのだ。<『キッドナップ』改題作品>

    続きを読む
    提供開始日
    2021/01/15
    連載誌/レーベル
    講談社文庫

    レビュー

    レビューコメント(15件)
    • 子宮の記憶 ここ...2007/07/17Posted by ブクログ

      初っ端から熱く始まる描写に驚いたけど

      昨日読み始めた時のアタシの気持ちと とても似ていて

      スンナリと 面白く 最後まで愉しく読めた。

      なんの伏線もなしに

      「俺さ、赤ん坊のときにさらわれたことが...

      続きを読む
    • 子宮の記憶 ここ...2010/04/22Posted by ブクログ

      自分が赤ん坊の頃、一時、誘拐されていた主人公。
      今の生活、家庭、自分に不満を覚え、「自分を誘拐した女に会ってみようか」と なんとなく、本当になんとなく 探し訪ねる。と まぁ そんな話。
      ストーリー的に...

      続きを読む
    • 子宮の記憶 ここ...2010/10/27Posted by ブクログ

      借本。
      著者の本はこれが初めて。
      真人の目線で読むと、面白い。
      途中で出てくる真人と対なす女の子が苦手だったけど、
      後々でなるほどと唸ってしまった。
      ただ、親目線で読むと、微妙な気分になるかもしれない...

      続きを読む
    開く

    セーフモード