にらみ

長岡弘樹

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    窃盗の常習犯・保原尚道が仮釈放中に保護司を殺害しようとして逮捕された。取り調べる片平成之は、以前、裁判で保原が供述を翻したりしないよう圧力をかけるべく“にらみ”をしていた。保原は自首しているのだが、片平は納得していない。保原は人を殺めようとするほどの悪人なのか――(表題作)。多様なサプライズが楽しめる、名手によるミステリー傑作集!

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(5件)
    • 2021/03/17

      表題のにらみも含め、おもしろかった。 好き嫌いはありそうだし、読みにくいと感じる人もいるかもしれないが、個人的には好み。 一度目はトリックを楽しみ、二度目は映像を想像しながら読んだ。 長編作品も読んで...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2021/02/20

      餞別/遺品の迷い/実況中継/白秋の道標/
      雑草/にらみ/百万に一つの崖

      七つの短編
      全く違う世界、視点、設定、色 ……

      ごちそうさまでした

      Posted by ブクログ
    • 2021/01/20

      長岡弘樹『にらみ』光文社文庫。

      『傍聞き』系の短編7編を収録したミステリー短編集。

      いずれの短編もミステリーの土台となるシチュエーションとトリックにかなり無理があるためか、じっくり読まないと意味が...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード