ザ・ラストマン 日立グループのV字回復を導いた「やり抜く力」

著者:川村隆

990円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「ラストマンになれ」私がこの言葉を聞いたのは、三〇代のころです。当時の私は日立工場に勤めていて、たしか設計課長に昇進したときのことだったと思います。日立工場長だった綿森力さんが、工場の執務室の窓の前でこう言いました。「この工場が沈むときが来たら、君たちは先に船を降りろ。それを見届けてから、オレはこの窓を蹴破って飛び降りる。それがラストマンだ」――そのときから、私の胸に「ザ・ラストマン」という言葉が深く刻まれています。【序章より】* * * * * *「自分の後ろには、もう誰もいない」――ビジネスマンに必須の心構えとは。決断、実行、撤退…一つひとつの行動にきちんと、しかし楽観的に責任を持ってやり抜けば、より楽しく、成果を出せる。7873億円の赤字から会社を再生した元日立グループ会長が、苦境の日本経済で戦い続けるビジネスパーソンに贈るメッセージ。新規収録原稿「若い企業人の皆さんへ」「ポストコロナ時代の企業」※本書は二〇一五年三月に小社から刊行された同名の単行本を加筆・再編集したものです。

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    最初のコメントには一番乗りラベルがつくので、みんなに見てもらいやすくなります!

    レビューを投稿する

    セーフモード