【最新刊】子どもを守る言葉「同意」って何? YES、NOは自分が決める!

子どもを守る言葉「同意」って何? YES、NOは自分が決める!

レイチェル・ブライアン/訳:中井はるの

1,584円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大切な子どもたちに、自分を守り人を傷つけない「知恵と勇気」を与えたい!面白くて役に立つ&大人にも新鮮でためになる、すべての子どもに贈る1冊。世界中で問題になっている、子どもの間での/子どもに対する、イジメや暴力。親やまわりの人たちが気をつけていても、社会の変化でSNSやゲームなど、子どもの世界は知らないところで広がっていて、危険は高まる一方です。じゃあ、どうやって身を守ることを教えればいい? のびのびと育てられる? そんな思いを形にしたのがこの本です。キーワードは、タイトルの言葉、「同意」です。著者のレイチェルは、世界的な超人気動画、「Tea Consent(お茶と同意)」を作ったアニメーター。自身の娘が「学校で突然男の子にキスされた」と話すのを聞いて、「子どもこそ『同意』を知るべき!」と、まず子どもむけのビデオを作り、この本を作りました。楽しいイラストと文で著者が紹介するのは、「同意」と「バウンダリー(境界線)」という、耳に新しい言葉。それは、健やかな人間関係を育む基本の知識。子どもたちが自分のこころとからだを大切にすることを知り、身近な危機に気づき、身を守れるようになることや、自分に向けて起こされたアクションに対して「いいよ」、「いや」、「ダメ」、「助けて!」などの意思を表すために必要なものです。大切なのは、おたがいに相手の「同意する/同意しない」を必ず確かめて、尊重すること。それって実は、大人にとっても難しいことかもしれません。でも、この本ではとてもシンプルにわかります。そう、子どもたちだけでなく、実はそれを学んで来なかった、多くの大人たちにも、とても役に立つ一冊なのです!小学2年生くらいからひとりで読める本ですが、大人と一緒ならもっと小さくてもOK。まずは、この本に出てくるいろんな「キミ」と仲良しになるところから始まって、気づけば自分なりの「バウンダリー」や「同意」のありかたが身につくはず。それは、生涯にわたって子どもを守る、大切な宝物になるのです。◆普段から読んでいると、こんなとき、きっと役に立ちます!・イジメにあったとき・トラブルで困っているとき・友だちや親子間、恋人と、学校や職場での、人間関係がうまくいかないとき◆大切な子どもをこんなふうに育てたいなら、ぜひ!・自分を大切にして自信が持てる子どもに・自分を押しころさず、友だちや家族と気持よい関係が保てる子に・人に思いやりをもって接し、励ましあうことができる子に・その子らしく、幸せにのびのびと生きていけるように!・犯罪や暴力の被害者、加害者にならない!

    続きを読む
    ページ数
    78ページ
    提供開始日
    2020/12/25
    連載誌/レーベル
    集英社女性誌eBOOKS
    出版社
    集英社
    ジャンル
    趣味・実用
    • 子どもを守る言葉「同意」って何? YES、NOは自分が決める! 全 1 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      子どもを守る言葉「同意」って何? YES、NOは自分が決める! 全 1 巻

      1,584円(税込)
      15pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(4件)
    • 子どもを守る言葉...2020/12/07Posted by ブクログ

      「同意」と「境界線」について、子ども向けにやさしく分かりやすく書かれている。

      ・からだの自己決定権
      ・着ている服で「同意」は分からない。
      ・境界を変えてもいい。気が変わってもいい。
      気が変わった、と...

      続きを読む
    • 子どもを守る言葉...2021/02/14Posted by ブクログ

      めちゃくちゃ良すぎて知り合いの子供とかに片っ端からシェアしたいレベル。
      大人でも、同意の教育ってされることほとんどないから勉強になるとこあるだろうし。学校図書館に置きたいな。

    • 子どもを守る言葉...2020/12/26Posted by ブクログ

      わかりやすくて良い、と思いました。

      同意について。
      境界線について。
      助けの求め方について。

      大人が読むのも良い、と思います。断ることに苦手意識を持っている人には、特に、おすすめです。

    開く

    セーフモード