【最新刊】[デザイン技法図鑑]ひと目でわかるフォントが活きるデザインの基本。

[デザイン技法図鑑]ひと目でわかるフォントが活きるデザインの基本。

伊達千代(監修)/MdN編集部(編)

2,420円(税込)
1%獲得

24pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【フォントを知れば、デザイン力が上がる!】デザインの基本や手法をビジュアルで直感的に理解できる[デザイン技法図鑑]シリーズの第3弾です。「レイアウト」「配色デザイン」に続き、デザインの重要な役割を担う「文字」と「フォント」。デザインで活かすにはどうしたらいいかがひと目でわかるよう、イメージによって変わる使い分け、文字を活かしたデザインテクニック、文字とフォントの基礎の3章構成で解説します。デザインにとって「文字」は重要なデザイン要素です。ロゴ、タイポグラフィ、Web、そして、ビジネス文書などに至るまで、文字の扱いひとつできちんと「伝わる」情報となるかが決まってきます。フォントを無自覚に使うのではなく、ある一定の基準を元にフォントを選びデザインに活かすことは、経験の浅い初心者にはなかなか難しいことです。本書は、そんな初心者の方やフォント選びに限界を感じているデザイナーの方に向けて、文字の基礎、フォントの選び方、イメージごとのフォントのデザインへの活かし方、そして文字を中心としたデザインテクニックを「ひと目でわかる」ように直感的にビジュアルに理解できる仕組みとなっています。デザイン力を上げるための「文字」と「フォント」の活かし方が、実践的に身につく一冊です。〈本書の内容〉Introduction デザインでいちばん大切な「文字」CHAPTER1 デザインに役立つ文字とフォントのイメージ(全39イメージを解説)CHAPTER2 デザインに役立つ文字とフォントのテクニック(全16テクニックを解説)CHAPTER3 デザインに役立つ文字とフォントの基本(全13の基本を解説)〈監修者プロフィール〉伊達千代(だて・ちよ)グラフィックデザイナー/ライター。エディトリアルを中心としたデザインワークのほか、雑誌・書籍にてグラフィックアプリケーションやデザイン関連の執筆、Macおよびグラフィックデザインのトレーニングも行う。主な著書に「文字のきほん」(グラフィック社刊)、「デザインのルール、レイアウトのセオリー。」、共著「『愛のあるユニークで豊かな書体。』フォントかるたのフォント読本」(以上MdN刊)など。株式会社TART DESIGN OFFICE代表。フォントかるた制作チームでは書体解説を担当。

    続きを読む
    ページ数
    162ページ
    提供開始日
    2020/12/23

    セーフモード