どうも、好きな人に惚れ薬を依頼された魔女です。4

どうも、好きな人に惚れ薬を依頼された魔女です。4

「そんな目で、あなたに見つめられる日が来るなんて。」死を喜ばれるほど、人々に疎まれている「魔女」。そんな自分が誰かに愛されるはずが無いと、魔女は騎士への想いを隠し、一人で生きていこうとしていた。だが騎士は何のてらいもなく、彼女を気遣ってくれる。それだけで、魔女は充分幸せだった――。ある夜のこと、騎士は誤って「惚れ薬」を飲んでしまう。魔女に向けた甘い言葉も熱で潤んだ眼差しも、すべて薬のおかげ。わかっていても、魔女は喜びを隠せなくて……。

この作品をシェアする

閉じる
開く

クーポン利用で【70%OFF】224円(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる70%OFFクーポン

2024/05/31 23:59 まで有効

同シリーズ