【最新刊】監獄に生きる君たちへ

監獄に生きる君たちへ

著者:松村涼哉

693円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    廃屋に閉じ込められた六人の高校生たち。あるのは僅かな食糧と、一通の手紙――。【私を殺した犯人を暴け】 差出人は真鶴茜。七年前の花火の夜、ここで死んだ恩人だった。謎の残る不審な事故。だが今更、誰が何のために? 恐怖の中、脱出のため彼らはあの夜の証言を重ねていく。児童福祉司だった茜に救われた過去。みんなと見た花火の感動。その裏側の誰かの不審な行動。見え隠れする嘘と秘密……この中に犯人がいる? 全ての証言が終わる時、衝撃の真実が暴かれる。一気読み必至。慟哭と感動が心に突き刺さる――! 発売から大重版が続く『15歳のテロリスト』『僕が僕をやめる日』松村涼哉の、慟哭の衝撃ミステリーシリーズ、待望の最新作。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/12/25
    連載誌/レーベル
    メディアワークス文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(4件)
    • 1巻
      ネタバレ
      2021/01/25Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 1巻2021/01/03Posted by ブクログ

      届けられた死者からの手紙。命令どおりに廃屋に行ってみると、そこには自分を含めて六人の高校生たちがいた。おまけに閉じ込められてしまった。唯一脱出できる手段は、「私を殺した犯人を暴け」を実行することのみ。...

      続きを読む
    • 1巻2020/12/11Posted by ブクログ

      廃屋に閉じ込められた六人の高校生たち。あるのは僅かな食糧と、一通の手紙――。【私を殺した犯人を暴け】 差出人は真鶴茜。七年前の花火の夜、ここで死んだ恩人だった。
       謎の残る不審な事故。だが今更、誰が何...

      続きを読む
    開く

    セーフモード