和歌で読み解く天皇と国民の歴史

和歌で読み解く天皇と国民の歴史

古宮春人

1,760円(税込) クーポン利用で1260円獲得へ
1%獲得

17pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 1,260(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

2022/04/30 23:59 まで有効

獲得

クーポンを変更する

天皇は国民をどう見ていたのか。そして国民は天皇をどう見ていたのか。国民と共に歩む歴代天皇を支えた「天皇家の二つの家訓」があった。宮崎正弘氏(評論家)が推薦する通史で見る「天皇と国民の関係」[内容より]◎なぜ織田信長は天皇を滅ぼさなかったのか◎親子でもないのに「お父さん」と呼ばれた応神天皇◎国家と国民のために神に祈る天皇◎国防の任務を誇る防人の歌◎突然、民を思う御製が出現した『新古今集』◎金と権力が無くても天皇が真の統治者◎天皇は国のためなら戦う王◎孝明天皇は世界平和を願っていた◎福沢諭吉の尊王論◎特攻隊員たちは昭和天皇をどう見たか◎令和の若者たちの「天皇観の保守的転回」[章だて]プロローグ序章 天皇家の二つの家訓I 権力を持った天皇の天皇意識第一章 飛鳥時代まで第二章 奈良時代第三章 平安時代II 権力を持たない天皇の天皇意識第四章 鎌倉・室町時代第五章 皇統の危機を救った二つの家訓第六章 江戸時代第七章 孝明天皇の「攘夷」は国民のためIII 国民と共にある天皇と国民の意識第八章 明治時代第九章 大正時代第十章 昭和時代第十一章 戦後に分裂した天皇意識……敬愛と侮蔑第十二章 平成時代エピローグ

続きを読む