【最新刊】見るレッスン~映画史特別講義~

見るレッスン~映画史特別講義~

蓮實重彦

902円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「まず読者の皆様にお伝えしたいのは、世間で評判になっている映画だけを見るのではなく、自分にふさわしいものを自分で見つけてほしいということです。とにかく、ごく普通に映画を見ていただきたい。蓮實個人の視点など学ばれるにはおよびません」――サイレントから、ドキュメンタリー、ヌーヴェル・ヴァーグ、現代ハリウッドと日本まで。120余年の映画史を俯瞰する、シネフィル教授による最初で最後の新書講義。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/12/25
    連載誌/レーベル
    光文社新書
    出版社
    光文社
    ジャンル
    趣味・実用
    • 見るレッスン~映画史特別講義~ 全 1 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      見るレッスン~映画史特別講義~ 全 1 巻

      902円(税込)
      9pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(7件)
    • 見るレッスン~映...2021/02/04Posted by ブクログ

      蓮實さんの、映画をめぐるとりとめもないよもやま話、という趣き。特別に理論的だったり体系的だったりするところは一切なく、もうほんとに随想。いろいろ思い違いもあったりするみたいだけど、まぁでも世のほとんど...

      続きを読む
    • 見るレッスン~映...2021/02/23Posted by ブクログ

      筆者初の新書だけに読みやすい。そして筆者が同時代の映画と常に対峙していることが素晴らしい。この本を読み、出てくる映画も観てみて、なんとなく「驚きと安心とが巧みに塩梅されているものが映画」という感覚が理...

      続きを読む
    • 見るレッスン~映...2020/12/30Posted by ブクログ

      (01)
      新書というからには、映画の「現在」(*02)を扱っている。ハリウッドのデヴィッド・ロウリーやケリー・ライヒャルトといった作家を挙げ、邦画では、濱口竜介や三宅唱、小森はるか、小田香といった面々...

      続きを読む
    開く

    セーフモード