壁の花は子爵の許嫁

壁の花は子爵の許嫁

ララ・テンプル/日向ひらり

770円(税込) クーポン利用で385円獲得へ
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 385(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

2022/03/31 23:59 まで有効

獲得

わたしだけが知らなかった――父と子爵の、都合のいい密約を。母亡きあと、ネルはずっと父親とおばに疎まれてきた。寄宿学校から帰省するたびにいじめられ、慰めは、大好きな乗馬だけ。ある日、ガブリエル・ハンターという子爵が父を訪ねてきた。レディらしからぬ振る舞いで乗馬の腕を披露したネルは、案の定、おばにこっぴどく叱られた。子爵の目の前で。ネルは初めておばに楯突き、家を飛び出すと、寄宿学校に逃げ帰った。4年後。成人したネルは、父からの手紙で衝撃の事実を知らされる。なんと彼女は婚約しているというのだ――かの子爵、ハンター卿と。まだ17歳だったあの日、ハンサムだが暗い影を落とす子爵の瞳に覚えた胸のざわめきが、ふいにネルの全身によみがえった。■『公爵の小さな妖精』で華やかなデビューを飾ったララ・テンプル。次にお届けするのは、内気な令嬢と心に傷を持つ年上子爵の、強引な婚約劇から始まるドラマティックなロマンス。『みにくいアヒルの子』や『あしながおじさん』を彷彿とさせる、名作の予感です。

続きを読む

セーフモード