【最新刊】組織的カオスフットボール教典 ユルゲン・クロップが企てる攪乱と破壊

組織的カオスフットボール教典 ユルゲン・クロップが企てる攪乱と破壊

著者:リー・スコット/翻訳:高野鉄平/監修:龍岡歩

1,980円(税込)
1%獲得

19pt(1%)内訳を見る

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    英国の著名なアナリストであるリー・スコットがペップ・グアルディオラの戦術を解読した『ポジショナルフットボール教典』に続く第二弾は、ユルゲン・クロップがリヴァプールに落とし込んだ意図的にカオスを作り上げる『組織的カオスフットボール』が標的である。現在のリヴァプールはクロップがイングランドにやって来た当初に導入していた「カオス的」なアプローチとは一線を画す。今やリヴァプールがボールを保持している局面で用いる全体構造については「カオス」と表現するよりも、「組織的カオス」と呼ぶほうがおそらく適切だろう。また、クロップの代名詞だった激烈なプレッシングにも変化が生じ、もはやアイデンティティの主要部分ではなくなっている。より効率的な形で試合のリズムをコントロールしようとしている最新のクロップ戦術が本書で赤裸々になる。【目次】プロローグ01トレント・アレクサンダー=アーノルド02DF陣のボール保持03「アンカー」の重要性04ゲームメーカーとしてのプレッシング05機能本位の中盤06「9番」07偽ウイング08フィルジル・ファン・ダイク09ジョーダン・ヘンダーソン10ファビーニョ11ナビ・ケイタ12サディオ・マネ13モハメド・サラー14ロベルト・フィルミーノ15ゴールの解剖学特別収録 ユルゲン・クロップ戦術進化論(アナリスト・庄司悟)エピローグ訳者あとがき

    続きを読む
    提供開始日
    2020/12/16
    出版社
    カンゼン
    ジャンル
    趣味・実用

    セーフモード