【最新刊】こども統計学 なぜ統計学が必要なのかがわかる本

こども統計学 なぜ統計学が必要なのかがわかる本

著者:バウンド/監修:渡辺美智子

1,287円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    正しいデータ解析方法を学ぶことでクリティカルシンキングを育む!統計学はデータを正しく読み取ったとり、確率からより正しい判断ができるようになる学問です。「ビッグデータ」や「AI」がビジネスの世界でキーワードになっています。多くのデータをインプットし、それを正しく解析することの重要性はますます増していくことはまちがいありません。日々の生活の中で統計学的素養がないと、事象の捉え方を間違えてしまったり、時にはだまされたり、損をすることなどの例を示しながら、統計について勉強することの重要性についての理解を促します。本書では、小学校中・高学年を対象に、高度な数学を必要としない「統計学の基本のき」について子どものみならず、「統計」という言葉にアレルギー反応を示すような数字が苦手な大人の方々にもわかりやすく説明していく内容です。2020年4月より採用された「新学習指導要領」をベースとし、さらに統計学の三大グラフと呼ばれる「ヒストグラフ」「散布図」「箱ヒゲ図」の作成方法とそこからデータが導き出す実態を読み解く手法を解説します。また、本書内で取り上げる事例は親子が会話をするきっかけになるようなテーマを吟味し、家庭内のコミュニケーションを推進する一冊となります。社会を生き抜く知恵となる!いま、もっとも魅力的な学問統計学とは…データを分析して正解を導き出せるAI、ビッグデータ時代の必須な教養統計学を知らなければ、大人になってから損をする!【目次】はじめに 統計学はこれからを生きる人の強力な武器になる!第1章 数字に関係することについて考えてみよう第2章 わかるようでわからない「統計」って何?第3章 問題発見から解決までできるPPDACサイクル第4章 いろいろな統計データを見てみよう第5章 だまされるな! 統計には落とし穴がある!

    続きを読む
    ページ数
    130ページ
    提供開始日
    2020/12/16
    出版社
    カンゼン
    ジャンル
    学術・学芸

    セーフモード