城の政治戦略

城の政治戦略

著者:大石泰史

1,870円(税込) クーポン利用で1370円獲得へ
1%獲得

18pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 1,370(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

2022/03/31 23:59 まで有効

獲得

戦国時代の城は、戦闘だけでなく、政治や経済の中心としても活用されていた。今川氏の4つの城館「駿河府中今川館」「興国寺城」「高天神城」「吉田城」を取り上げ、当時の地理的条件、政治情勢、物流のルートなどから検証する。見えてきたのは、これまで明らかにされることのなかった、領国安定のための戦略だった。最新の考古学の成果も踏まえつつ、文献史学の立場から、城郭研究に挑み、大名による領国支配の新たな視点を拓く。【目次】はじめに第一章 城の『報告書』とは何か 第二章 経済的拠点から始まった政治の館――駿河府中今川館第1節 室町期今川氏の疑問第2節 今川氏入国以前の府中第3節 今川館について小括―賤機山城は詰の城か?―第三章 今川・武田・北条の同盟締結の「場」――興国寺城第1節 興国寺城とは第2節 大規模改築と駿甲相三国同盟第3節 興国寺城に入った人々小括―氏続の「氏」字と興国寺城への入城―第四章 水運拠点としての城――高天神城第1節 高天神城とは第2節 高天神城の領主第3節 他城との連携小括―「武装化」の時期―第五章 国衆の居城に始まる東三河の中心地――吉田城第1節 吉田城と今橋城第2節 牧野氏と今川氏の被官層第3節 吉田城下の武家第4節 吉田城と牛久保城小括―「国衆」の城への関与―おわりに参考文献あとがき

続きを読む

セーフモード