【最新刊】アパレルの終焉と再生

アパレルの終焉と再生

小島 健輔

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    倒産・撤退・リストラ……。産業構造や消費者の変化で苦境にあったアパレル業界は、新型コロナが息の根を止めた。このまま消えゆくのか、それとも復活するのか。ファッションマーケティングの重鎮が、詳細にリポートし分析する。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/12/11
    連載誌/レーベル
    朝日新書

    レビュー

    レビューコメント(4件)
    • アパレルの終焉と再生
      2021/03/24

      <目次>
      はじめに
      プロローグコロナで一変した生活と生計
      第1章壊滅的打撃を受けた百貨店とアパレル
      第2章百貨店はコロナ以前に終わっていた
      第3章コロナに直撃されたアパレル業界
      第4章こうしてアパレル...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • アパレルの終焉と再生
      2021/02/11

      2021.02.11 「アパレルの終焉と再生」というタイトルだが、内容的にはアパレルの終焉という感じがした。いよいよ終わりというイメージ。消費者のアパレルに関するニーズがどのように変化しているかにつ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • アパレルの終焉と再生
      2021/04/04

      親の代からファッションビジネスに関わってきた著者による、業界への問題提起と提言。
      毎シーズンごとにモデルチェンジをくりかえす、多産多死モデルはサステナブルではないというのは全くその通りだと思う。
      グラ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード