医学全史 ――西洋から東洋・日本まで

坂井建雄

1,155円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 655(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

現代医学はどのようにしてできあがったのか? 古代より、伝統医学は経験から治療法を、推論から理論を創り出すと同時に、西洋では解剖学という人体の科学的探究を続けてきた。それが19世紀に、病理解剖学や実験生理学の発展に伴い実践的な治療と結びつき、劇的な変貌を遂げることになる。医史学研究の第一人者が古今東西の書物を繙き、萌芽期から現代までの歴史を丁寧に辿りつつ、その飛躍的発展の背景に迫る決定版通史。

続きを読む
新刊を予約購入する

レビュー

レビューコメント(2件)
  • 2021/01/11

    古代から現代までの医学の歴史をまとめた書。
    日本については中国史からの影響の部分もあるが、蘭学の入る江戸以前はそこまで詳細ではない。とはいえ、江戸以降の医に関する教育面の歴史もまとめられており、興味深...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2021/07/16

    2021年7月期展示本です。
    最新の所在はOPACを確認してください。

    TEA-OPACへのリンクはこちら↓
    https://opac.tenri-u.ac.jp/opac/opac_details...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード