【最新刊】すばらしい新世界

すばらしい新世界

池澤夏樹 著

1,361円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ヒマラヤの奥地へ技術協力に赴いた主人公は、現地の暮らしに触れ、深く人々に惹かれてゆく――人と環境との関わりの先に新しい世界への光を予感させる長編小説

    続きを読む
    提供開始日
    2020/12/11
    連載誌/レーベル
    中公文庫
    出版社
    中央公論新社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • すばらしい新世界2020/12/15Posted by ブクログ

      読了・・・!読み終わった時の、とても充実した気分。林太郎と一緒にチベットを旅したような、旅を終えたような、爽やかな気持。
      風車を立てる旅の道のりと、その道中で林太郎が考えること、
      アユミへのメール、色...

      続きを読む
    • すばらしい新世界2012/04/19Posted by ブクログ

      「光の指で触れよ」を先に読んでしまったので、林太郎や森介、アユミの5年前、ネパールの風車、森介の大冒険とは、「光の・・・」で出てきた話はこういうことだったのね。と納得しながら読みました。美しいといえば...

      続きを読む
    • すばらしい新世界2012/06/04Posted by ブクログ

      前半は少し冗長というか、入り込むまでに時間がかかったけど、舞台がネパールに移る後半になるとおもしろくなる。
      エネルギー問題、途上国に手を差しのべるということ、これらの単純ではない難しさが描かれていて、...

      続きを読む
    開く

    セーフモード