【最新刊】コロナ後の教育へ オックスフォードからの提唱

コロナ後の教育へ オックスフォードからの提唱

苅谷剛彦 著

946円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    教育改革をその前提から問い直し、神話を解体してきた論客が、コロナ後の教育像を緊急提言。オックスフォード大学で十年余り教鞭を執った今だからこそ、伝えたいこと。 そもそも二〇二〇年度は新指導要領、GIGAスクール構想、新大学共通テストなど、教育の一大転機だった。そこにコロナ禍が直撃し、オンライン化が加速している。だが、文部科学省や経済産業省の構想は、格差や「知」の面から数々の問題をはらむという。 以前にも増して地に足を着けた論議が必要な時代に、今後の教育を再構築するための処方箋をお届けする。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/12/11
    連載誌/レーベル
    中公新書ラクレ

    レビュー

    レビューコメント(3件)
    • コロナ後の教育へ...
      2021/01/14
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    • コロナ後の教育へ...
      2021/01/17

      いつもながら読み込むのはちょっと難しいんだけど、はっきり分かったのは、コロナ後の教育は、もともと変革の流れができていたけどそれを後押しするように、変わるということだ。そしてそれはピンチだけど...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • コロナ後の教育へ...
      2021/03/17

      https://www.lib.kyutech.ac.jp/opac/search?q=9784121507082

      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード