【完結済み】騎士団長殺し―第1部 顕れるイデア編(上)―(新潮文庫)

騎士団長殺し

完結

村上春樹

605円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    一枚の絵が、秘密の扉を開ける――妻と別離し、小田原の海を望む小暗い森の山荘に暮らす36歳の孤独な画家。緑濃い谷の向かいに住む謎めいた白髪の紳士が現れ、主人公に奇妙な出来事が起こり始める。雑木林の中の祠、不思議な鈴の音、古いレコードそして「騎士団長」……想像力と暗喩が織りなす村上春樹の世界へ!

    続きを読む
    提供開始日
    2020/12/18
    連載誌/レーベル
    新潮文庫
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    文芸
    • 騎士団長殺し 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      騎士団長殺し 全 4 巻

      2,508円(税込)
      25pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(220件)
    • 2019/06/08Posted by ブクログ

      一巡目での感想。
      (村上春樹氏の作品は、何度も読み返す度にまた違うものが見えてきて、新たな気付きや、新たな解釈が生まれるので)
      ストーリー展開や結末が分かっていても、再びページを開いてしまうとそこから...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/06/08Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2019/06/08Posted by ブクログ

      村上春樹氏の作品が大好きで全て網羅している。
      今作品は、一人称回帰。
      村上春樹氏の一人称と言えば「僕」だけど、初めて「私」という一人称。
      それだけをとっても、時は着実に流れており、村上春樹氏は70歳に...

      続きを読む
    開く

    セーフモード