【最新刊】感染源

感染源

仙川環

589円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    消えてしまった村。後輩の謎の死。新薬開発をめぐる疑惑――日本を飛び出し、マレーシアで新薬開発に関わる仕事を始めた直美。自分が探し出した医薬品の原料のせいで、後輩の研究員が発病して死んだ可能性に思い至った彼女は、その感染源を探ろうとするのだが、仕事のパートナーも行方不明になり……。生物多様性条約や、女性の生き方・働き方、文明の功罪など、さまざまなテーマが盛り込まれた医療ミステリー最新作。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/12/11
    連載誌/レーベル
    PHP文芸文庫
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(7件)
    • 感染源2013/12/19Posted by ブクログ

      マレーシアで日本製薬会社と取引をしている日本人女性・直美。

      彼女の関わるプロジェクトの裏では、
      彼女の秘密裏に別の動きがあったー。

      その""ある動き""によって日本へ送られた医薬成分のサンプルには...

      続きを読む
    • 感染源2016/05/12Posted by ブクログ

      大会の観戦の合間合間をメインで読んでいたけど、その都度物語にすんなり入っていけて読みやすく面白く読めた。この人の本は女性主人公が多いせいか、感情移入しやすい。読後感も悪くないので、また探して読んでみた...

      続きを読む
    • 感染源2018/11/16Posted by ブクログ

      新薬開発に秘められた企業陰謀を暴く医療ミステリー

      ・消えた村
      ・原因不明
      ・発症
      ・疑惑
      ・失踪
      ・捜索
      ・裏切り
      ・切れかけた糸
      ・新しいパートナー
      ・宣戦布告
      ・豹変
      ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード