【最新刊】悪人 新装版

悪人 新装版

吉田 修一

799円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    小説、映画ともに大ヒットした不朽の名作。福岡市内に暮らす保険外交員の石橋佳乃が、出会い系サイトで知り合った土木作業員に殺害された。二人が本当に会いたかった相手は誰なのか?佐賀市内に双子の妹と暮らす馬込光代もまた、何もない平凡な生活から逃れるため、携帯サイトにアクセスする。そこで運命の相手と確信できる男に出会えた光代だったが、彼は殺人を犯していた。彼女は自首しようとする男を止め、一緒にいたいと強く願う。光代を駆り立てるものは何か?その一方で、被害者と加害者に向けられた悪意と戦う家族たちがいた。悪人とはいったい誰なのか?事件の果てに明かされる、殺意の奥にあるものは?毎日出版文化賞と大佛次郎賞受賞した著者の代表作。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/12/07
    連載誌/レーベル
    朝日文庫
    出版社
    朝日新聞出版
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(20件)
    • 悪人 新装版
      2020/08/20

      正直、救いのない話だと思う。

      この小説の中で(僕にとっての)悪人は不当に殺されてしまった。あるいは、裁かれずに野放しになっている。

      そして殺した人間はひとりで業を背負った。

      それはまるで宗教小説...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 悪人 新装版
      2019/01/22

      終わりは見えているのに、これはどう終わるのだろうと先がこれほど気になった作品も珍しい。
      「悪人」は誰なのか?
      読み終わった時にもう一度読み始めたくなる。

      個人的には怒りより好きかもしれない。

      吉田...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 悪人 新装版
      2019/12/25

      映画化された時の評判からいつか読みたいと思っていた。アマゾンAudibleは福岡出身の中村蒼と久留米出身の田中麗奈による朗読。博多、佐賀、久留米、長崎が舞台となるストーリーの中に、登場人物に対する警察...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード