【完結済み】双頭の鷲(上)(新潮文庫)

双頭の鷲

完結

佐藤賢一

869円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    時は、中世。イングランドとの百年戦争で、劣勢に陥るフランスに登場したベルトラン・デュ・ゲクラン。このブルターニュ産の貧乏貴族、口を開けば乱暴粗野なことばかり。だが幼き日より、喧嘩が滅法強いベルトラン、見事な用兵で敵を撃破する。神は、武骨なその男に軍事の大才を与えたもうた! 鉄人チャンドスは戦慄し、好敵手グライーは闘志を燃やす――。歴史小説の新たなる傑作。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/12/11
    連載誌/レーベル
    新潮文庫
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    文芸
    • 双頭の鷲 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      双頭の鷲 全 2 巻

      1,738円(税込)
      17pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(37件)
    • 2018/11/11Posted by ブクログ

      100年戦争の英雄と言えばジャンヌダルクぐらいしか思い浮かばないけど、フランス史にこんな痛快な英雄がいたことを全く知らなかった。
      ベルトランの無邪気な振る舞いは正に子供のようで、エマニエルやシャルルを...

      続きを読む
    • 2018/11/11Posted by ブクログ

      100年戦争の英雄と言えばジャンヌダルクぐらいしか思い浮かばないけど、フランス史にこんな痛快な英雄がいたことを全く知らなかった。
      ベルトランの無邪気な振る舞いは正に子供のようで、エマニエルやシャルルを...

      続きを読む
    • 2017/02/26Posted by ブクログ

      舞台は中世フランス。
      イングランドとの百年戦争の前半あたりでしょうか?
      ブルターニュの貧乏貴族、ベルトラン・デュ・ゲグランの一代記です。

      このデュ・ゲグランという人物。
      粗野粗暴で教養も常識もはなく...

      続きを読む
    開く

    セーフモード