サッカーおくのほそ道 Jリーグを目指すクラブ 目指さないクラブ

著者:宇都宮徹壱

1,683円(税込)
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 1,183(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

【「サッカー本大賞2017」大賞受賞! 】Jリーグを目指すクラブと目指さないクラブ、百年構想の真実を描く渾身のルポルタージュ、ここに誕生!Jを夢見るアマチュアクラブから、地域に密着した企業チームまで全国津々浦々のクラブを取材し、「J3以前・以降」で変わりゆく日本サッカーの原風景をめぐる旅で、見えてきたものとは?写真家である著者による美麗なカラー写真も満載!【目次】第1章 Jリーグを目指さなかった理由Honda FC―2008年・春第2章 幻の「石川FC構想」ツエーゲン金沢&フェルヴォローザ石川・白山FC―2008年・春第3章 SAGAWAに「野心」はあるのか?SAGAWA SHIGA FC―2008年・春第4章 いつか「普通のクラブ」になるまで福島ユナイテッドFC―2011年・春/12年・冬第5章 「半袖隊長」の矜持AC長野パルセイロ―2011年・秋第6章 なぜ今「J3」なのか?公益社団法人 日本プロサッカーリーグ―2013年・春第7章 「今そこにあるサッカーを愛せ! 」ホンダロックSC―2013年・春第8章奈良劇場総支配人、大いに語る奈良クラブ―2013年・夏第9章 アマチュアにとっての「約束の地」三菱重工長崎―2014年・秋第10章 ゴン中山「現役復帰」の舞台裏アスルクラロ沼津―2015年・秋第11章 「ミスターレノファ」と呼ばれた男レノファ山口FC―2015年・秋第12章 街クラブが「世界を目指す」理由ブリオベッカ浦安―2016年・春第13章誰が「坂本龍馬」だったのか?高知ユナイテッドSC―2016年・春第14章 激突! 南部対津軽ヴァンラーレ八戸&ラインメール青森―2016年・夏第15章 近所にフットボールクラブがある幸せ東京23FC&東京武蔵野シティFC―2016年・秋

続きを読む
新刊を予約購入する

レビュー

レビューコメント(8件)
  • 2016/12/05

    宇都宮さんの新刊、待ってました!


    「股旅フットボール」もすごい好きだけど、


    こうやって丹念にJFLより下のカテゴリーにいる


    サッカーチームやその地域の人々を取材し


    そこに今あるサッカー...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2021/07/27

    この本を2021年になって読むと、状況が色々と変わっていることがよく分かる。宇都宮さんの分析や予想、あるいは当時触れられていた状況が当たっているもの、変化しているもの様々であるが、一定の時期に一定の見...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2016/11/21

    それぞれのクラブ、それぞれのストーリーを噛み締めながら読んだ。徹壱さんの集大成(国内版)なんだろうな。
    「いまそこにあるサッカーを愛せ」
    改めて、とてつもなく深い言葉だ。

    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード