【最新刊】在り方

在り方

著:永松茂久

1,683円(税込)
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    『人は話し方が9割』によって、2020年のビジネス書部門の年間累計発行部数・国内著者ランキング1位を獲得した永松茂久が、渾身の思いを込めて書き下ろした自己啓発書の最新刊。これからは「どう生きるか」よりも「どうありたいか」。新型ウイルスの影響で世界中が混迷を極めるなか、新たな価値観や考え方、流されない確固たる軸を持つことの大切さを説きます。ぶれずに、そしてゆるがない自分の軸を持つためには、どうすればいいのか? 著者曰く「在り方とは、“こうありたい”と願う思いから生まれる物事のあるべき状態」であり、「それは、自分の中の“美意識”である」。20~30代から圧倒的な支持を得ている次世代のニューリーダーが、時勢を読み、さらには先人の知恵にもふれながら伝える、これからの生きる礎。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/11/30

    レビュー

    レビューコメント(7件)
    • 在り方2021/01/23Posted by ブクログ

      【まとめ】

      ・自分の軸に従って決める。軸は自分に明確な問いを設定し、それから導きだされる。
      ・自分の確固たるゾーンを設定し、「在り方」という美意識のスタンスを明確にする→他人に寛容になる
      ・在り方の...

      続きを読む
    • 在り方2020/11/24Posted by ブクログ

      軸の定義、自分の軸の持ち方、日本人としての在り方、など、幅広い面から著者の思う「自分の軸」について論じられており、「軸」に関する視野が広がったように感じる。

      軸を決めるだけでなく、軸に従って生きるこ...

      続きを読む
    • 在り方2020/12/07Posted by ブクログ

      中村天風、稲森和夫、斎藤一人の考えを継承されておられ、今回の作品も学ぶべきところが多かったです。前作より説得力があったと思います。

    開く

    セーフモード