フットボール風土記

フットボール風土記

著者:宇都宮徹壱

1,683円(税込)
クーポン利用で1,183円獲得へ
8

2017年サッカー本大賞受賞作『サッカーおくのほそ道 Jリーグを目指すクラブ目指さないクラブ』から早3年……今やJリーグクラブは全56クラブにまで膨れ上がった。Jクラブがない「土地」のほうが希少価値が高い時代になるとは、いわゆるオリジナル10の時代に誰が予想できただろうか。一方で、Jクラブのある「土地」からあえてJを目指すクラブも、それこそ雨後の筍のように出現し続けている。Jクラブが「ある土地」、もしくは「ない土地」から薫るフットボールの物語を、アンダーカテゴリーに魅入られた著者が「郷土のクラブ」を照射した。【目次】なぜ、フットボール「風土記」なのか第1章 かくも厳しき全国リーグへの道全国地域サッカーチャンピオンズリーグ 2016年・霜月第2章 親会社の都合に翻弄されて三菱水島FC 2017年・睦月第3章 県1部からJリーグに「否」を叫ぶいわきFC 2017年・長月第4章 女川町にJFLクラブがある理由コバルトーレ女川 2018年・睦月第5章 ワールドカップとJFLをつなぐものFC今治 2018年・文月~霜月第6章 世界で最も過酷なトーナメント全国社会人サッカー選手権大会 2018年・神無月第7章 サッカーを変える、人を変える、奈良を変える奈良クラブ 2018年・師走第8章 アマチュア最高峰であり続けるためにFCマルヤス岡崎 2019年・卯月第9章 最大の「Jリーグ空白県」でのダービーマッチホンダロックSC&テゲバジャーロ宮崎 2019年・皐月第10章 なぜ「71番目のクラブ」は注目されるのか?鈴鹿アンリミテッドFC 2019年・水無月第11章 北信越の「Fの悲劇」はなぜ回避されたのか?福井ユナイテッドFC 2019年・文月第12章 クラブ経営の「属人化」をめぐる物語北海道十勝スカイアース 2019年・葉月第13章 令和最初のJFL昇格を懸けた戦い全国地域サッカーチャンピオンズリーグ 2019年・霜月第14章 蝙蝠と薔薇の街で胎動する「令和的戦略」福山シティフットボールクラブ 2020年・文月第15章 多様性の街から「世界一のクラブ」を目指す理由クリアソン新宿 2020年・文月~葉月ピラミッドの中腹での15年

ジャンル
趣味・実用
出版社
カンゼン
提供開始日
2020/11/27

この作品をシェアする

閉じる
開く

クーポン利用で【70%OFF】1,183円(税込)で購入できる! 6回利用可能

値引き額上限に達しています。

初回ログインでもらえる70%OFFクーポン

2024/06/30 23:59 まで有効