【最新刊】きみに銃は似合わない

きみに銃は似合わない

著:永瀬隼介

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    迫真の格闘、銃撃シーン! でもクスリと笑えるから不思議。追放された刑事だからできることがある!菊村直は元刑事。巣鴨でバーをやっている。雇った中国美女・小梅華と恋人気分でいたのも束の間、彼女は有り金を持ってトンズラした。それでも諦めない菊村は彼女の生まれ故郷へ。現地の警察官と命のやりとりまでしたが、彼女の行方はつかめない。帰国後、この中国人警察官が菊村の前に現れた。女の居場所を教えてやるという。その代わり…。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/12/11
    出版社
    徳間書店
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(2件)
    • きみに銃は似合わない2013/08/04Posted by ブクログ

      全く次の展開が読めず、ページをめくる手が止まらなくなるほど非常に面白い作品だった。

      元刑事の菊村直が経営するバーに雇った中国美女・小梅華が菊村の金を持って失踪。菊村は小梅華を追い、中国の白春へ…

      ...

      続きを読む
    • きみに銃は似合わない2018/05/13Posted by ブクログ

      退職警官が主人公の王道のハードボイルド、と前半は思っていましたが、途中から様子が変わり元公安の中国人・楊が主役に取って代わる。
      法よりも己の目的を達成するための必要性を唯一の判断基準とし、何事にも冷静...

      続きを読む

    セーフモード