【完結済み】僕のコーチはがんの妻

僕のコーチはがんの妻

完結

著:藤井満 絵:藤井玲子

1,430円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【ふくれたほくろの正体はがんだった。妻は僕に料理を猛特訓しはじめた。】【120万PV】【23の鬼レシピ掲載!】大反響の朝日新聞デジタル連載を、大幅改稿して新規原稿を加え、待望の書籍化!33万人が感動した、笑って泣ける家族の実話。【大切な人と読んでください。】50代夫婦。子どものいない二人暮らし。妻ががんになったら、家事も料理もできない夫(僕)はどう生きればよいのか?食べることが生きることなら、「生きる力」――それが妻からの最後の贈り物だった。「塩をひとつまみは指3本! 指2本は『ひとふり』や!」がんが発覚し、鬼コーチ(=妻)の料理特訓がはじまった。「セカンドオピニオン」「治験」「哲学外来」「在宅緩和ケア」。――初めてだらけのがんとのたたかいで、料理の時間はふたりにとっての最後のオアシスとなった。デザイン/須田杏菜

    続きを読む
    提供開始日
    2020/11/27
    連載誌/レーベル
    角川書店単行本

    レビュー

    • 僕のコーチはがんの妻2021/01/11Posted by ブクログ

      レイザルさんの一言一言が面白くて病状のことは二の次状態で読んでいましたが、最期の数日前からあとがきを読み終わるまでは涙が止まりませんでした。
      読了と同時に、私は夫に何が遺せるんだろう、こんな風に遺せる...

      続きを読む

    セーフモード