【最新刊】日本人のための第一次世界大戦史

日本人のための第一次世界大戦史

著者:板谷敏彦

1,540円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本人はこの戦争の重要性を知らなさすぎる――。欧米では“The Great War” と称される第一次世界大戦。その実態を紐解くと、覇権国と新興国の鍔迫り合い、急速な技術革新とグローバリゼーションの進展など、WW1開戦前夜と現代との共通点が驚くほどに見えてくる。旧来の研究の枠を超え、政治・経済・軍事・金融・メディア・テクノロジーなど幅広い観点から、戦争の背景・内実・影響を読み解く、日本人のための入門書。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/11/21
    連載誌/レーベル
    角川ソフィア文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    • 日本人のための第...2021/01/11Posted by ブクログ

      我々日本人にとって戦争と言えば第二次世界大戦のことを言うに等しいが、ヨーロッパでは第一次世界大戦の方がポピュラーだというのは初めて知った。戦前戦後の話もまとめて、よくぞ文庫本にまとめていただいた。

    • 日本人のための第...2020/12/23Posted by ブクログ

       数年前の第一次世界大戦勃発百年の時期に関連書籍がかなり出るなどしたものの、なかなか全体像を理解することは難しかったが、本書はそのような思いに応えてくれる一冊である。

       一話読み切りのスタイルで全7...

      続きを読む

    セーフモード