【最新刊】箱根駅伝監督 人とチームを育てる、勝利のマネジメント術

箱根駅伝監督 人とチームを育てる、勝利のマネジメント術

著者:酒井 政人

1,584円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    国民的行事、“箱根駅伝”を制するために何が必要なのか?箱根駅伝出場強豪校の名将たちが明かす、指導哲学&組織づくりの秘訣とは正月の風物詩「箱根駅伝」、毎年さまざまなドラマが起こる。各大学の指揮官は、この箱根駅伝出場と優勝を目指して1年間チームづくりを行う。かつては華の2区ともよばれたが、近年は5区を制するチームが箱根を制すと言われるようになった。スカウティング、年間スケジュール、トレーニング内容、箱根駅伝予選会の対策、箱根駅伝の区間配置……箱根を目指して戦う、指揮官はどのように勝利のマネジメントを行っているのか。本書は、長年取材を通じて箱根駅伝出場常連校の監督から聞いた、マネジメントに関する内容を1冊に凝縮したものである。今回は本書用に6大学の監督にさらに細かく取材を敢行した。9者9用の箱根駅伝を制するためのマネジメント術。これを読めば、2016年正月の箱根駅伝を違った見方で楽しむことができるはずだ。【目次】第1章 箱根駅伝を制した最新マネジメント 日本体育大学 東洋大学 青山学院大学第2章 トップを目指す組織のマネジメント 駒澤大学・大八木弘明監督、東海大学・両角速監督第3章 “弱者が強者に勝つ”ためのチームマネジメント 亜細亜大学・岡田正裕監督、中央学院大学・川崎勇二監督第4章 「チーム」と「個」を輝かせるマネジメント 早稲田大学・渡辺康幸前監督(現・住友電工陸上競技部監督)、拓殖大学・米重修一前監督

    続きを読む
    提供開始日
    2020/11/16
    出版社
    カンゼン
    ジャンル
    趣味・実用

    セーフモード