ポーの一族 秘密の花園 1巻

萩尾望都

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

春の夢、ユニコーンに続く新シリーズ第3弾 『ポーの一族 春の夢』『ポーの一族 ユニコーン』に続く第3弾。19世紀末、旅の途中のエドガーとアラン。体調を崩したアランのためにアーサー・クエントン卿の館に滞在することになり、エドガーは…?

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューコメント(17件)
  • 2021/01/03Posted by ブクログ

    『ポーの一族』の中で小鳥の巣のその後と同じぐらい気になっていたクエントン卿とエドガーたちの出会い。まさか、まさか40年以上経って読めるとは。
    人の生命を喰らわなければ生きていけず、非情な殺戮を繰り返し...

    続きを読む
  • 2020/11/23Posted by ブクログ

     まとめて読むと、連載中 自分は何を読んでいたのかと思う。
     全体を俯瞰で見渡せる読み心地はよいものだ。
     27ページ最後のコマは連載時と違う。思えば旧シリーズ『リデル♡森の中』、単行本ではリデルの髪...

    続きを読む
  • 2020/11/28Posted by ブクログ

     現代に近い時代の話が続いていたが、この物語は十九世紀後半が舞台。「ランプトンは語る」につながる話となる。
     どういう話か忘れていたので、巻頭にある関連作品を読み返してみる。そこで気なったのが、「絵柄...

    続きを読む
開く

セーフモード