【最新刊】さんかく窓の外側は夜 映画版ノベライズ

さんかく窓の外側は夜 映画版ノベライズ

橘もも 原作:ヤマシタトモコ 脚本:相沢友子

682円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「私といれば怖くなくなりますよーー。」 書店で働く三角康介は、幼い頃から霊が見える体質に悩まされていた。恐ろしい姿をした彼らが恐ろしく、人間と幽霊を区別するためメガネが手放せない。ある日、書店に冷川理人と名乗る男が訪れる。「私といれば怖くなくなりますよ」という言葉に心を動かされ、三角は冷川の“仕事”を手伝うことに。だが、あるバラバラ殺害事件に関係する霊が、祓われる際に恐ろしい言葉を残す。「ヒウラエリカに騙された」 ヒウラエリカとは何者なのか? なぜ、霊を“騙し”ているのか。3人の“運命”が交わる時、東京中を巻き込む大事件が起きる。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/11/13
    連載誌/レーベル
    講談社文庫
    出版社
    講談社/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(3件)
    • さんかく窓の外側...2020/12/17Posted by ブクログ

      映画のノベライズ本。
      この手の書物の中にも、もちろん素晴らしい本はあるにはあるんだけれど、私の経験的には殆どが駄文。

      今作も文章そのものに読みづらさは無くて、駄目だ!こりゃ!という程では無いけれど、...

      続きを読む
    • さんかく窓の外側...2021/01/08Posted by ブクログ

      ほんとは、原作が読みたかったけど、手っ取り早く映画版ノベライズで済ませる。
      ホラー版まほろ駅前多田便利軒といった感じかしら?

    • さんかく窓の外側...2021/01/04Posted by ブクログ

      何か除霊や主要2人の描写が気持ち悪いなと思ってたら原作はBLなんですね。それなら本の裏表紙にその旨を書いておいて欲しいと思いました。
      話も大量に殺人をした人物が(本人の本意ではないにしろ)そのまま野放...

      続きを読む

    セーフモード