【最新刊】アステカとインカ 黄金帝国の滅亡

アステカとインカ 黄金帝国の滅亡

増田義郎

1,430円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    一六世紀、スペイン人によるアメリカ大陸征服史が始まる。黄金を探すコロンブス、ピサロ、コルテス……。抵抗する、モクテスマ、トパック・アマルなどのインディオたち。栄華を誇った帝都と文明は、いかに滅ぼされたのか? 西欧と非西欧の壮絶なる戦いの記録を、既存の、スペイン人主体の史料では触れられなかった「敗者の視点」から再検証、植民地時代から現在へ続くラテンアメリカの被征服史を辿る。プロローグ 黄金の夢 第一章 コロンブスの目指したジパンゴ 第二章 冒険者バルボア 第三章 メキシコの発見 第四章 首都の攻防 第五章 対決 第六章 「悲しき夜」 第七章 英雄の敗北 第八章 太平洋と中央アメリカ 第九章 南の海の探検 第一〇章 カハマルカの悲劇 第一一章 クスコ占領 第一二章 征服者たちの争いとインカ 第一三章 アラウコの国とパンパ 第一四章 ムイスカの黄金 第一五章 エル・ドラードとアマゾンの国 エピローグ 征服者たちの黄昏 あとがき 年表 民族と地域 人名検索 2002年小学館より刊行されました

    続きを読む
    提供開始日
    2020/11/11
    連載誌/レーベル
    講談社学術文庫

    レビュー

    • アステカとインカ...2021/01/17Posted by ブクログ

      黄金を求め、未知の大陸を求めて冒険に出た者たちが侵略者となり、略奪者となり、残虐と不合理と残忍極まりない行為を繰り返していく。
      読めば読むほど、特にインカ侵略のピサロの話はどんどん具合が悪くなるほど閉...

      続きを読む

    セーフモード