【最新刊】南朝研究の最前線 ここまでわかった「建武政権」から後南朝まで

南朝研究の最前線 ここまでわかった「建武政権」から後南朝まで

日本史史料研究会/呉座 勇一

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    近年、急速に進展した研究から、〈建武政権・南朝は武士を優遇していた〉、〈室町幕府は「南朝の合体」以後も”南朝の影”に怯え続けた〉など様々なことがわかってきた。一次史料を駆使し、南朝=特異で非現実的な政権という定説を覆す。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/11/06
    連載誌/レーベル
    朝日文庫

    レビュー

    レビューコメント(3件)
    • 南朝研究の最前線...
      2020/12/16
      朝日文庫「南朝研究の最前線」

      朝日文庫新装『南朝研究の最前線 ここまでわかった「建武政権」から後南朝まで』日本史史料研究会 (監修), 呉座勇一 (編集)

      は太平記なしに建武の新政、南北朝、室町初期は語れないが、如何に我々が未...

      続きを読む
      名称未設定 さんのレビュー
    • 南朝研究の最前線...
      2021/01/07

      洋泉社版は読んでるので事実上の再読。以前に比べ自分の知識も増えてるからか、すらすらと読めた。前後の時代との連続性を意識すると理解が深まると思う。

      Posted by ブクログ
    • 南朝研究の最前線...
      2020/11/15

       森茂暁氏の『南朝全史』『闇の歴史、後南朝』と読んできて南北朝時代について関心が高まっていたので、本書が文庫で読めるようになったのは、とてもうれしい。

       本書は、編者呉座勇一氏による全体構成が述べら...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード