ヒトの言葉 機械の言葉 「人工知能と話す」以前の言語学

著者:川添愛

990円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    AIが発達しつつあるいま、改めて「言葉とは何か」を問い直す――AIと普通に話せる日はくるか。人工知能と向き合う前に心がけるべきことは。そもそも私たちは「言葉の意味とは何か」を理解しているか。理論言語学出身の気鋭の作家が、言葉の「不思議」と「未解決の謎」に迫る(目次)第一章 機械の言葉の現状第二章 言葉の意味とは何なのか第三章 文法と言語習得に関する謎第四章 コミュニケーションを可能にするもの第五章 機械の言葉とどう向き合うか

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/11/15Posted by ブクログ

      『働きたくないイタチと言葉がわかるロボット』(朝日出版社、2017)では寓話として、『自動人形(オートマトン)の城』(東京大学出版会、2017)では中高生から楽しめるファンタジーとして、AIと言葉をテ...

      続きを読む

    セーフモード