CG classic Vol.04 永遠のクラシック911、ナロー再考。

CG classic Vol.04 永遠のクラシック911、ナロー再考。

編:カーグラフィック編集部

2,200円(税込) クーポン利用で1700円獲得へ
1%獲得

22円相当(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayポイント付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 1,700(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

2022/08/31 23:59 まで有効

獲得

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。孤高のスポーツカー。ポルシェ911を評するのに、これ以外の言葉はありません。50~60年代の名車にスポットを当てた大好評のムック、『CG classic vol.04』巻頭はナローポルシェに焦点を合わせました。“ナロー911”とひと言で括ってもホイールベース、エンジン排気量、ボディタイプ等、様々なモデルが存在するのはご存じのとおり。CG classic取材班は1966年911を皮切りに1973年カレラRSまで、珠玉の5台を箱根に集め、個性の違い、進歩の過程をステアリングを通じ肌で感じとりました。続くはポルシェ開発陣と縁が深いカール E.ルドヴィクセンによる空冷フラットシックスの開発記。さらに自身911のファンであり、オーナーでもある巨匠ジョルジェット・ジウジアーロが語る911デザイン論等、必読のストーリーによって特集が構成されています。 安価なベーシック・トランスポーテーションを作らせたら右に出る者がいないフランスのシトロエン2CV & ルノー4、ジャガーに黄金期をもたらしたXK120 & Eタイプ・ロードスター、ラリー・フィールドで大暴れしたランチア・フルヴィアHF、同じ1959年製で統一した伊独のオープンスポーツ、アルファ・ロメオ・ジュリエッタ・スパイダー & ポルシェ356Aスピードスター等、試乗記もいつもどおり充実しています。

続きを読む