【最新刊】コーチ

コーチ

堂場瞬一

1,799円(税込)
1%獲得

17pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    期待されながら伸び悩んでいる若手刑事たちの元に、警視庁本部から送り込まれる謎の男、向井光太郎。捜査中のミスに悩む女性刑事、有名な俳優の取り調べに苦戦する刑事、尾行に失敗した刑事。彼らそれぞれに適切な助言を与えるその男は、なぜ刑事課ではなく人事二課の所属なのか? 経験を積み成長し、所轄署から本部に戻り出会った三人は、向井との関わりを語り合い、その過去を探り始める。そんな彼の過去と、三人の刑事が取り組む女子大生殺害事件が交錯する。堂場瞬一が描く刑事たちの光と影。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/10/30

    レビュー

    レビューコメント(5件)
    • コーチ2020/11/21Posted by ブクログ

      警察物語を書かせたら著者堂場氏がピカイチだ。最後の最後まで読者を引きつけてはなさない。それだけではない読後直後はニヤリ!としてしまう。

    • コーチ2020/11/21Posted by ブクログ

      ジャンルは警察人情小説?なかなか面白かった。能力がありながらも伸び悩んでいる若手刑事3人。そこになぜか人事課からやってきた向井巡査部長。一見冴えない風体ながらも、的確に若手をコーチしてくれる向井。時が...

      続きを読む
    • コーチ2020/11/17Posted by ブクログ

      前半、先輩に鍛えられた刑事たちが後半で終結して成長した姿を見せる。ベタな展開だけどダメダメ時代を知ってるだけに感情移入できる。このパターンでの続編に期待したい。

    開く

    セーフモード