ロッキード疑獄 角栄ヲ葬リ巨悪ヲ逃ス

著者:春名幹男

2,640円(税込) クーポン利用で2140円獲得へ
1%獲得

26pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 2,140(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

「われわれがそれ(角栄潰し)をやった」。K長官が漏らした真意とは!?「自主外交」で角栄はアメリカに潰された。国際ジャーナリストが15年に及ぶ取材で掴んだ、数多くの決定的新事実!!田中角栄はなぜ逮捕されたのか? その理由は「角栄の外交」に隠されていた。アメリカは「日中国交正常化」などの「角栄の外交」をひどく嫌っていたのだ。その後発覚した、戦後最悪の国際的疑獄となったロッキード事件。そこでアメリカ政府高官は、密かに角栄の訴追を可能にする「ある細工」をした。外交の対立も、角栄訴追に関わる秘密も、米機密文書には記されていたが、日米の根幹に絡む『巨悪』の深い闇は文書が公開されず、解明されなかった。本書は「陰謀説」の真偽を徹底検証し、初めて証拠を挙げて解明する!ロッキード事件の全容は、上記のように長らく解明されてこなかった。結果、数多くの陰謀説が流布する事となる。「誤配説」、「ニクソンの陰謀」、「三木の陰謀」、「資源外交説」、「Kの陰謀」……。米国立公文書館、ニクソン・フォード各大統領図書館、CIA、日本側資料、日米関係者らを取材・調査。インテリジェンスの機微を知り尽くした国際ジャーナリストが15年に及ぶ取材から、初めて真の「巨悪」の正体を描き、巨悪の訴追が阻まれた理由に迫る!!なぜ、首相の犯罪は繰り返されるのか? その構造までが浮かび上がる巨弾ノンフィクション――。【目次】まえがき第一部 追い詰められる角栄第二部 なぜ田中を葬ったのか第三部 巨悪の正体あとがきロッキード事件年表主要参考文献一覧

続きを読む

セーフモード