みがわり

著:青山七恵

1,683円(税込)
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 1,183(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

つまらない筋書きを断固拒否する。これはわたしの物語。わたしの人生。駆け出し作家の律は、自分と瓜二つの亡き女性の伝記を書くことに。だが辿り着いた真実によって、律は窮地に追い詰められていくーー。予測不能のラストに向かって疾走する傑作長編逃げ出そうとしたときにはもう遅かった。新人賞を受賞したものの小説を一冊も刊行できていない律は、ファンを名乗る女性から姉の伝記執筆の依頼をうける。だがその姉は亡くなっており、生前の姿形は律と瓜二つだったという。取材を進めるうち明らかになる姉妹の確執、家族の秘密。律が開けた扉は、パンドラの箱だったーー。

続きを読む
新刊を予約購入する

レビュー

レビューコメント(12件)
  • 2021/02/07
    ネタバレ
    この内容にはネタバレが含まれています
    Posted by ブクログ
  • 2020/11/21

    面白いけど、これは賛否両論あるだろうな。小説家デビューしたもののほとんど本を出せていない新人作家の律。ある日「熱烈なファンである」という女性に出会い、妙なお願い事をされる。著者の青山さんが芥川賞作家と...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2021/01/04

    年始一発目の読書。これはかなり面白かった。なんだろ、何度も何度も物語の中で迷子になる、ふわふわと漂いながら着地点を探してる感じ。そう、わけわからないの。なのに最後のオチであーって思わず唸った。創作なの...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード