今日も嫁を口説こうか

平子祐希

1,430円(税込) クーポン利用で930円獲得へ
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 930(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

「最近、ちゃんと嫁を口説けているか?」夫婦の愛を問いかける大型芸人エッセイお笑い界における新・愛妻家芸人として頭角をあらわすアルコ&ピースのピースの方、平子祐希。バラエティ番組やラジオで妻・真由美について語ることも多く、そこで語られる愛は“まったくもって異常だけれどどこか芯を喰っている”ものばかり。バカバカしいけど納得してしまう……。平子の妻のように愛されたら、ちょっと嬉しいかも……?「つまり、それ本能で受け入れてるってことだろ?」本書の中でも平子は静かに吠える。『家事なんてデートみたいなもんだ』『ケンカは、好みの異性のカタログの見せ合いだろ』『伝える言葉はダサけりゃダサいほどいい』『前戯こそが本番、セックスは後戯だ』芸人いや、雄(オス)平子が結婚14年目になった今も、高校2年生カップル付き合って2カ月目の熱量をキープしていられる、そんな夫婦愛の秘密とは一体何なのか。「おいおい、嫁に飽きたなんてとんだ傲慢やろうだ。1日として同じ顔してる女なんていねえ。」倦怠期ならここに来い、セックスレスならここに来い、夫婦で口説き合いたいならここに来い。相方・酒井のツッコミはここには届かない。つまり、止める者は誰もいない。平子の愛は一切着地する気配すらない。枷をはずした平子が文字で爆ぜる!1章 ただのオスとメスの番(つがい)、それが俺たち2章 結婚についてまわる全責任よ 俺んとここないか3章 家事も育児も、モテたいからやってる4章 高2で付き合い始めて2カ月目の感覚が16年続いてる5章 いつだって『これが最後』と思って抱いている6章 今日も嫁を口説こうか

続きを読む

セーフモード